秘書で頑張る日々の記録


by oiyrljtft1

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 菅直人新首相(63)は8日、内閣の顔ぶれを正式発表。目玉の1人が、行政刷新相に起用された蓮舫参院議員(42)だ。事業仕分けで人気を得て入閣したが、これに「待った」をかけたのが、作家でコラムニストの亀和田武さん(61)。かつて蓮舫氏とともにワイドショーの司会を務めたが、蓮舫氏のキツ〜イ一面を目撃。菅内閣の人事に警鐘を鳴らした。

 亀和田氏が蓮舫氏とTBSのワイドショーに出演していたのは92〜93年。当時の蓮舫氏は「このポジションを絶対手放さない!という感じ。一言文句を言われると、百言言い返していた」と言う。プロデューサーから注意されても突っぱね続け「泣きながら部屋を出て行くのを見た」。周囲も手を焼き「楽屋は大変だった。事業仕分けなんかかわいい方」と振り返る。

 衝撃は92年秋、亀和田氏がそれまでの週1回のゲスト出演から、レギュラー司会陣に加わったときだ。にこやかだった蓮舫氏が「豹変(ひょうへん)した。激しく敵対意識を持って向かってきた。自分が作ってきた番組だったので、おもしろくなかったのでは」。さらに「(トークを)オレに振らないんだよ! しゃべりにくい事件だけ振ってくる。オレは大人の対応をしたけどね」という。

 ギスギスしていたある日、蓮舫氏が急に愛想良くなった。後に、亀和田氏と親交のあるジャーナリストが蓮舫氏に「カメちゃんとうまくやってる?」と軽口を叩いたことが発覚。社会派ジャーナリストを目指す蓮舫氏が「オレもその仲間なので、仲良くしておこうと思ったのでは?」。その後、蓮舫氏はテレビ朝日のニュース番組へ移った。

 事業仕分けでもてはやされた蓮舫氏だが「いやな女、悪相になったと思った人は潜在的に多いはず。そもそも女優でもアイドルでもない、すきまタレント。政治が今、本職で落ち目の人の敗者復活戦になっている。その象徴で起用は浅はか」亀和田氏はため息をついた。

 【関連記事】
行政刷新相に蓮舫氏
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏
「脱小沢」94代菅新首相 枝野幹事長、仙谷官房長官、蓮舫氏は消費者相か
蓮舫氏も「おかしい」党運営に不満続出

天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
日本貨物航空機が引き返し=エンジンを破損―成田(時事通信)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
鏡面仕上げステンレスの美しいボールペン「PRIMINE」(Business Media 誠)
<琵琶湖>生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析(毎日新聞)
[PR]
by oiyrljtft1 | 2010-06-15 14:12
【首相会見詳報】(7完)

【憲法を含む安全保障体制】

 −−首相の安全保障に関する考えを聞きたい。今回の普天間の基地問題については、基地の移転ということのみに議論が集中していた。負担軽減を今後図っていく。また、閣議決定にあるように在日米軍の整理・縮小を確実に履行していくためには日本の安全保障をどういう体制で行っていくのかという根本的な議論が避けられない。それとあわせて、憲法の問題にも触れざるを得ないと思う。首相は今年1月2日のラジオ番組で憲法を党内で議論してとおっしゃっていたが、政府で安全保障の議論をするのであれば、憲法を党内で議論することは確実性に結びつけていくのは難しいのではないか

 「はい。あの、根本的な安全保障のお話をいただきました。まさに日本の安全保障をどうとらえるかということの先に普天間の問題がとらえられなければならないと思っています。その意味するところ、すなわち、私も先ほどのお話の最後にちらっと申し上げたわけでございますが、私は50年、あるいは100年かかっても日本という国の安全保障、すなわち平和というものは、日本人自身で守らなければならないと思っております。そういう状況をどのように作り上げていくかということの、すなわち、そのために現在何をするかという発想が必要だと考えております」

 「私は、その意味で、さまざま技術的な部分も含めてでございますが、この自衛隊の自衛力というものも含めて、全体としての日本の安全をどのようにして日本自身がこう、守れるような環境にしていくかということを、今から考えていく必要があると思っております。そのことを行っていきながら、一方で、米軍の整理の整理・縮小というものがなされてもこの国の平和が守られると。現実、まだご案内の通り、そのトータルの安全保障の議論が必ずしも新政権の中でできあがっていないところではございますけれども、その議論がある意味では根本的に重要だと私は考えておりまして、そのことがなされてはじめて沖縄の負担を軽減をさせうるということを先ほどもちらっとではありますが、申し上げてきたところでございます」

 「そういった日本の安全保障をトータルで考えていく中で、日本の憲法をどのように変える必要があるのか。このままでよいのかという議論は、当然、将来的にはなされていかなければならないことだと思っております」

 「私はあのラジオ番組の中で申し上げたことは、この安全保障も大事だけれども、私がやりたいのは地域主権だと。地域主権のことでも持論を申し上げれば、本来、憲法を変える必要があるんじゃないかというようなことは申し上げました。一方で、この政府の中で、憲法の遵守(じゅんしゅ)規定というものがあると。一方では今の憲法を守りながら、他方で政府として憲法改正というものを大々的に議論するという前にやはり、党として、それぞれの政党が、特に民主党なら民主党が憲法の議論というものをできるだけ早い時期にしっかりとまとめ上げていくことが大事ではないかと。そしてそのことで、党の議論の中で、政府に対して主張していくというプロセスをやはり、経る必要があるのではないかということで、そのようなことを申し上げたと思っておりますが、今でも基本的にその変わっておらないところでございます」

【信頼回復】

 −−首相が自らおっしゃった約束が現在、守られなかったことで、国民の中には首相の実行力に対して不安感が持たれている。これから首相が首相で居続ける場合、政権運営が非常に問題になると思うが、どのように失われた信頼を回復するか。今現在、首相が国民に約束できることはあるか

 「ありがとうございます。私自身の実行力というおたずねがありました。まさに今回、私が大変ざんきに堪えない思いのもとで福島大臣を罷免せざるを得なかったということはやはり、日本の安全保障ということを考えたときに、そして、すなわち国民のみなさんの命を大切にするということを考えていく中で、今回の日米の共同声明ということをしっかりと履行する責務が政府にあると考えたからでございまして、総理の実行力というものを必ずしも十分に示されていない」

 「あるいはそのように思われても仕方のないところがあろうかと思いますが、一つ大事なことは、私はやはり、民主主義の新しい政治の中で、いわゆる熟議の民主主義と言いますか、みなさん方が真剣にそれぞれの民間のみなさん方が議論をしていきながら、その議論をしていく中で、最終的にその議論の結果というものを政府がしっかりと把握して、実行に移していくと。何でもかんでも政治、政治主導というのは国民主導でありますが、首相が何でもかんでも首相が乗り出してすべてを決めていくということよりも、むしろより議論に議論を重ねて、その間にさまざまな、いろんな議論があることもむしろ認めていきながら、しかし、結論というものを見いだしたならば、それに対して高い実行力を示すということが大事ではないかと思っています」

 「その意味で、私は新しい公共ということを、ぜひ国民のみなさんにもっとご理解いただきたいと思っておりまして、新しい時代にふさわしい、すなわち、民の力というものを最大限引き出していく、そういう社会を今、作らんとしておるところでございまして、この税制改革、すなわち細川政権のときからやろうとして、なかなかできなかった部分を大きく変えていくことが今回、できたと思っておりますが、そういった税額控除の問題も含めて、民の力を最大限、引き出していけるような新しい社会を作り上げていきたい。そのことを国民のみなさまにしっかりとみていただくことによって、新しい政権ができたな、変わってきたな、という実感をみなさん方が持っていただけるのではないかと。そのように確信いたしております」

【関連記事】
社民党が抗議声明 「署名拒否は当然のこと」
鳩山首相、臨時閣議で「残念だ」
「福島氏罷免の閣議決定、申し訳ない」 首相が会見
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」
福島党首「離脱是非は30日に判断」

元部下の調書など却下=「取調官が誘導」―厚労省元局長の公判・大阪地裁(時事通信)
「爆弾仕掛けた」JRに電話=不審物なし、2日連続―警視庁(時事通信)
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)
【明美ちゃん基金】「命救われ恩返し」38年前手術の男性 2万ドル寄託(産経新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
[PR]
by oiyrljtft1 | 2010-06-03 19:15